So-net無料ブログ作成

自意識と自尊心 [雑学]

自意識について最近考えている。今自分がこの場にいるのはなぜなのか。そしてこの意識がみている映像はどのようにしてそう見させているの。それが日々疑問に思っている。ふと自分の手を観てみる。すると、なぜが自分の手ではないような感覚がする。

今見ている景色は夢なのではないか。実は自分という存在は在るのかどうか不安定なものなのではないかと思っている。

だから人間は自分をこの現実に存在している証明を作るために生きているのではないかと考えている。それが何かを残したい、人に褒めてもらいたいという考えをもつのではないだろうか。それこそが、一種の人間がこの世で生きる上での幸福である。つまり、何が言いたいかというと、人間の自意識というものは自分で自分を意識するのではなく、他人の意識が自分を存在足らしめるのではないだろうかということである。

ヨーグルトメーカーで腸内環境を整えよう [雑学]

最近、腸内環境を整えようとヨーグルトを毎朝食べるようにしています。それが功を奏したのか、もともとお通じがあまり良くない方だったのですが、朝順調に出るようになってきたのです。そこで、今度はそのヨーグルトを自分で作ってみようと思い、ヨーグルトメーカーなるものを買いました。

半信半疑でしたが、簡単においしく作れるというクチコミを見かけて自分も挑戦しました。少しでも安心安全な食物を食べようと試みる一環でもありました。作ってみると、思いのほかうまく作れました。しかも簡単にできました。なんだか自分でヨーグルトを作るなんて不思議な感じでした。そして肝心の味はどうか。これまた、普段購入するものとそん色のない味でした。これにはびっくり。その後も自作ヨーグルトは作り続けています。これもっと流行りそうです。

北極海航路 実態 [雑学]

北極海航路というのを知っているだろうか。北極海とは文字どおり、北極海をいく航路です。最近になってその航路を行く船舶が多いそうです。冬になると全面凍結する海を行く事ができるようになった原因は地球温暖化の影響で北極海の氷が減少した事です。

氷の減少によりホッキョクグマが減っているという指摘もあれば逆に増加しているという専門家の指摘もあります。どっちにしろ異変が起こっているのです。地球温暖化の影響は日本にもあるだろうし、もっとも影響を受けるのは太平洋の島々です。

キリバスという島国は30年後には海に沈む最初の国になるかもしれないのです。国連でも議題になり、各国で集まって環境問題で話し合いもしているだろうけどそこは国同士の利害関係もあります。でも早急に取り組まないといけない問題です。

北極海の氷は年々減少傾向にあります。その航路を行く船は増加しています。北極海航路をなぜ使うのかというと南回りの航路は海賊問題、南シナ海問題そしてスエズ運河の通行料問題があります。特に日本の場合は南シナ海を通過しないといけない。

そこには中国が勝手に基地を造り、周辺国と揉めています。マラッカ海峡は海賊が出没。そしてスエズ運河では通行料を払わないといけないのです。

そうすると日本だけでなく他国も長大な航路を使わずに北極海航路を使えばコストがかからず、通行料や海賊に悩まずに済みます。ただ北極海航路は冬の使用は難しいと思われます。それは海は凍結。ロシアの砕氷船の助けを借りなければ使う事は通過できない。

でも南回りの危険な航路を使用するよりコストが安くて安全なら使ってもいいと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。